本文へスキップ

研究プロジェクト

科研費プロジェクト、その他・研究プロジェクト


< 科研費プロジェクト >
平成22年~平成24年
・平成22年度~平成24年度科研費、基盤研究(C)「網羅的な事例収集を基礎とした企業不
 祥事のデータベース化」、研究代表者
平成21年~平成23年
・平成21年度~平成23年度科研費、基盤研究(B)「国連グローバル・コンパクトの課題」
 (研究代表者、江橋崇法政大学教授)、研究分担者
平成19年~平成21年
・平成19年~平成21年度科研費、基盤研究(C)「アジアにおけるファリシテーションペイ
 メントの実態に関する調査研究」、研究代表者

< その他・研究プロジェクト >
平成18年~平成20年
・Transparency International, ed., Global Corruption Report 2006, Global Corruption
 Report 2007,Global Corruption Report 2008, Cambridge University Pressの執筆に
 参加
平成19年
・Global Access Japan Report(米組織Center for Public Integrityが世界40か国で実施し
 た腐敗度調査)に責任執筆者として参加(評価・執筆)、平成19年
平成15年08月~
・「企業の社会的責任に関する主要規格の国際比較調査」経済産業省・日本規格協会委託調
 査、平成15年8月-11月、最終報告書提出(共著)、調査責任者
平成14年08月~
・「国連グローバル・コンパクト・ビジネス・ケース・スタディ」プロジェクト(国連グロ
 ーバル・コンパクト事務所主催、共同研究)、日本企業2社の調査実施、報告書提出
 (共著)、平成14年8月-12月、日本チーム調査責任者
平成13年05月~
・「東アジア民間セクターの腐敗防止の取組調査」(世界銀行・カンファレンスボード
 主催)プロジェクト参加(共同研究)、日本企業6社の調査実施、報告書提出(共著)、
 平成13年5月-12月、日本チーム調査責任者(成果はFighting Corruption in East Asia
 [World Bank 2003] 所収)
平成12年04月~
・「倫理法令遵守マネジメントシステム規格」作成プロジェクト(麗澤大学経済研究センタ
 ー主催)参加(共同研究)、平成12年4月-10月、研究メンバー


バナースペース